2-5. 学習環境構築

この章で学習環境の構築は終わりです。次の章から、いよいよPHPのコーディングが始まります!

PHPのコーディングを実施するために、以下の3つのセットアップが必要です。

  1. PHP
  2. データベース(MySQL)
  3. フレームワーク(Laravel)

実はここがプログラミング学習者の一番の悩みです。この環境構築に失敗したのが原因で、プログラミングの世界から撤退した人もいるくらいです。

よって、当校では皆さんが環境構築でのトラブルにあわないように、学習環境の構築がとても簡単に、かく確実にできるようにツールを用意しました。このツールを使うだけで、誰でも簡単に環境構築ができてしまいます。

このツール(正式にはシェルファイルといいます)は、すでに先ほどcloneしてきたリポジトリの中にあります。よってツールを適切な場所に移動して、実行する方法を解説します。

シェルをコピーして実行する

ツールの名称はsetup.shといいます。リポジトリをcloneしたばかりの状態では、0というディレクトリにあります。これを実行するために、適切な場所へコピーします。Cloud9のターミナルで、以下のコマンドを実行してください。

cp ~/environment/engineer_basic/setup/setup.sh setup.sh

意味は分からなくても大丈夫です。成功すれば何もメッセージが表示されません。次にこれを実行しましょう。

sh setup.sh

実行が始まると、何やらメッセージが字幕のように流れます。数分かかりますので、止まるまでお待ちください。完了すれば $ のマークの後ろにカーソルがある状態で止まります。

以上で環境構築は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2-3. GitHubのユーザ登録